8b7dfb2c67af5c9119fdcc86e5cb23de - 妊娠後期の「お腹の張り」頻度は?病院に行く目安は?

この記事は約 2 分で読めます。

 
妊娠後期になると

お腹が張ることが多くなってきます。

 

分娩に備えて身体が準備をするという意味で、

お腹が張りやすくなるのは自然の現象です。

 

しかし、明らかに頻度が多い、すごく張る、

どれくらいで病院に行くの?

と様々な疑問が出ると思います。

 

そこで今回は妊娠後期の

「お腹の張り」の原因、対策、頻度

などをまとめました。

スポンサーリンク


妊娠後期の「お腹の張り」の原因は?

88a6c7dcbe1f9f2229ec62585c696939 300x222 - 妊娠後期の「お腹の張り」頻度は?病院に行く目安は?

子宮が収縮することでお腹が張りますが、

その過度になる原因は

「ストレス、血行不良、過度な運動」

によるものが挙げられます。

 

また、

子宮の後ろを通る腸腰筋が硬くなると、

子宮の張りを促すとも言われています。

 

少し大股で歩くことで腸腰筋が

ストレッチされるので、

ゆっくりとウォーキングをするのが良いでしょう。

 

ただし、

過度な運動でお腹が張ることもあります。

 

ウォーキングをする時も

体調、お腹の状況を見ながら

無理せずに自分のペースで行いましょう。

 

また、母乳育児の為に

おっぱいマッサージを推奨されますが、

子宮の収縮を促すことになりますので、

お腹の張りを感じた時は

マッサージを中止しましょう。

 

帝王切開での出産が決まっている方は、

出産前にマッサージを行うことは

避けた方が良いです。

スポンサーリンク


妊娠後期の「お腹の張り」の対策は?

97bebda9cd116a12d0709c5b4c9f8d25 300x169 - 妊娠後期の「お腹の張り」頻度は?病院に行く目安は?

お腹が張っていると感じた時は、

立っていたら座り、

座っても張りがとれない時は

横になるようにしましょう。

 

張りを長時間感じるようであれば、

できるだけリラックスして

安静にするようにしましょう。

 

しばらくゆっくりと横になっていると

張りがおさまることが多いです。

 

その他、分娩に備えて身体が準備をする

というのはどういった理由からでしょうか?

 

分娩時には子宮が収縮することで

赤ちゃんを外に押し出そうとします。

 

後期に入ると子宮の収縮が頻繁になるのは、

その練習のためとも言われています。

妊娠後期の「お腹の張り」の頻度は?

abe934f38ce57d0e46651df70036aeb4 300x150 - 妊娠後期の「お腹の張り」頻度は?病院に行く目安は?

お腹の張りに不規則な痛みを

伴うようになると、

前駆陣痛といって

お腹の張りを感じる頻度が増えます。

 

この頻度は

妊娠後期でも「1~2時間」

でおさまることが多いです。

 

それではお腹の張りが

どのくらいの頻度になったら、

病院へ連絡をした方が良いのでしょうか?

 

痛みを伴う規則的な痛みを伴う

お腹の張りが「1時間に6回以上」

継続的となったら

陣痛の始まりとなるので

病院への連絡が必要です。

 

2人目以降の経産婦の場合は

分娩の進行が早いため、

お腹の張りが「1時間に2~3回」

でも病院への連絡が必要となります。

 

自分の身体の様子を常に観察すること、

かかりつけの病院の

指示に従うことが必要です。

 

妊娠後期はいつ赤ちゃんが

産まれてきても良いように、

無理せずに穏やかに過ごしましょう。