1db8c608eb8070ec36a54f292d135308 - 40代の「生理周期」って早い?原因、症状、対策まとめ!

この記事は約 2 分で読めます。

 
今まで生理周期が正常だった方でも、

40代に入って生理周期が早くなった

と感じる方がいるかもしれません。

 

実はこれにはちゃんとした理由があります。

 

そこで今回は「40代って生理周期が早い?」

と思った時の原因、症状、対策を

まとめたので早速見ていきましょう。

スポンサーリンク


「生理周期」の平均日数は?

生理には「生理周期」があります。

 

これは生理の初日から

次の生理の前日までの日数を

1つの周期として見ています。

 

生理周期は人によって差があり、

一般的には「25日~38日」と言われています。

 

この間で出血が起こる

3日~7日程度の事を「生理」と呼びます。
 

40代の「生理周期」って早い?その原因とは?

9c99e933a5aa2471ef7ef59a3d85a01f 300x200 - 40代の「生理周期」って早い?原因、症状、対策まとめ!

40代で生理周期がばらつくのは、

「更年期の始まり」

が原因と言われています。

 

一般的に始まるのは

40歳半ば~50歳半ば頃の時期

となります。

 

平均年齢50歳なので、

早い方で40代前半になる場合もあれば、

遅い方で50代後半でなる場合もあります。

 

全ての女性が更年期を経験しますが、

更年期症状を自覚する女性は

約半数と言われています。

 

そもそも

「何で40代の更年期で生理周期が早いの?」

と思うかもしれません。

 

これは、

更年期になると卵巣機能が停止する、

いわゆる「閉経」となります。

 

卵巣からはエストロゲンという

女性ホルモンが分泌されています。

 

卵巣機能が低下すると、

脳から指令を出しても

卵巣が思うように働かず

エストロゲンが分泌されなくなります。

 

すると脳が混乱を起こし、

自律神経の乱れ

生理周期が早くなることに繋がります。

スポンサーリンク


40代の「生理周期」って早い?その症状とは?

d264de65e7b60b46c8d458a48d1e8c23 300x171 - 40代の「生理周期」って早い?原因、症状、対策まとめ!

この症状は多種にわたり、

大きくは3種類の原因別で症状があります。

①自律神経の乱れから起こる

ほてり・発汗・不眠・動悸・頭痛・めまい

 

②リラックス能力の低下から起こる

精神不安定・意欲低下・抑うつ

 

③加齢性から起こる

肩こり・関節痛・腰痛

 

更年期障害で治療をする割合は3割の方と、

かなり多いことが分かります。

 

つまり逆に言えば、

症状を和らげることも可能です。

40代の「生理周期」って早い?その対策とは?

461a09db4679e825bba73145b815fd80 300x255 - 40代の「生理周期」って早い?原因、症状、対策まとめ!

対策は大きく分けて3つあります。

①運動

身体を動かすことがストレス発散になり、

自律神経の乱れからくる症状以外に

加齢性による不調も

軽減させることができます。

 

②エストロゲンの摂取

大豆イソフラボンを摂取することで

エストロゲンの作用をを持つ

エクオールが作られます。

 

ただし、

大豆製品を摂取しても

エクオールを生産できるのは

3人に1人と言われているので、

エクオールを作れない体質の方は

サプリメント等で補う方が良いでしょう。

 

このエストロゲンは

女性らしさを保つための

ホルモンとも言えます。

 

エストロゲンは月経を起こすホルモンであり、

血管の弾力性・コレステロール値の低下

骨の強化・自律神経の安定・肌の新陳代謝

といった作用もあります。

 

③病院

自分でも症状が軽減しない方は、

婦人科を受診し医師と相談しましょう。

 

その中の治療法として、

ホルモン補充療法を

受けることがお勧めです。

 

40代で生理周期が早い

と思ったのはむしろ良い発見です。

 

そこから自分の身体の症状を把握し、

自分にあった方法をみつけることで

きちんと治療できるでしょう。