d6261402c77063e264d478442f7a891d e1526977070940 - 葉酸の1日の摂取量、その驚きの効果とは!?

この記事は約 2 分で読めます。

 
妊娠中の女性に特に薦められる成分に

“葉酸”があります。

 

薦められる原因として、

妊娠中はお腹の赤ちゃんを育てる為に

様々な成分が母親の体内から赤ちゃんへと送り込まれます。

 

そしてそれらの成分の中でも

葉酸は特に不足しやすいのです。

実は、妊娠中の女性だけでなく

成人男性・成人女性も不足しがちな成分です。

 

ここでしっかりと葉酸の1日の摂取量や

健康効果などを知って頂き、

日常生活で取り入れてほしいと思います。

スポンサーリンク


「葉酸」の健康効果とは?

c34fc739776c407d4b3d49157d13e2e3 300x200 - 葉酸の1日の摂取量、その驚きの効果とは!?

葉酸が不足すると体の様々な場所に影響が出てきます。

・貧血
・口内炎
・食欲不振
・下痢 

 

ただ単に「体調が悪い」と思っていた原因が

実は「葉酸不足」かもしれませんね。

 

さらに、

妊娠中の女性が葉酸不足に陥ると

お腹の中の赤ちゃんにその影響が現れます。

 

<神経管閉鎖障害>

中枢神経の元である「神経管」の一部が

閉じてしまって、

正常に機能せず脳や脊髄が機能しなくなります。

 

神経管の綴じた部分によって障害が変わり、

下の二つに分けられます。

 

①二分脊椎症

本来神経組織を守る為に存在する脊椎の骨が無いので、

神経組織がむき出しになります。

 

その為、下肢への障害が起こり、

運動機能への障害や膀胱・直腸機能への障害が起こります。

 

→葉酸を摂取する事で

「リスクを70%以上回避する事が可能である」

と厚生労働省が注意喚起を行っています。

 

②無脳症

脳の形成が不完全となり、

体は成長を続けますが頭部の成長が見られません。

 

眼球の突出、口蓋裂など

いわゆる「奇形児」と呼ばれます。

 

→治療法は無く、妊娠中に無脳症がわかると

中絶を行う事が多いです。

 

また、日本では予防法として厚生労働省が

「葉酸の摂取がリスクを低減する」

と勧告しています。

スポンサーリンク


「葉酸」の1日に必要な摂取量は?

c36e919e8b98e4d784f615803c252f31 300x200 - 葉酸の1日の摂取量、その驚きの効果とは!?

では、

1日に必要な葉酸の摂取量を見てみましょう。

 

成人男性・成人女性は1日200㎍

妊娠中の女性は1日400㎍

授乳中の女性は1日280㎍

が必要です。

 

理想としては、

1日の摂取量は1000㎍

が好ましいと言われています。

 

過剰に摂取した場合でも、

尿として体外に排出される為体への影響はありません。

 

逆に葉酸は体内で蓄積できない成分なので、

日常的に摂取する必要があります。

 

※㎍とは・・・マイクログラムと読みます。

㎎の1/1000が㎍です。

「葉酸」の多く含む食品は?

913e7c10b68e84fb9de87498e32b6103 300x200 - 葉酸の1日の摂取量、その驚きの効果とは!?

葉酸が体にとって必要不可欠な成分である事は

十分にわかって頂けましたか?

 

では、どのような食品に葉酸が

含まれているのかを見てみましょう。

 

~肉系~

・レバー(鶏・牛・豚)

 

~魚系~

・うなぎ
・いわし
・うに
・すじこ
・いくら

 

~海藻系~

・焼きのり
・わかめ
・ひじき

 

~豆類~

・きなこ
・大豆
・小豆

 

ここに挙げたのはほんの一例です。

 

含有量は様々ですが、

多くの食品に葉酸は含まれている事がわかります。

 

葉酸は赤血球を作る際や、

遺伝子の元となる大事な材料となる成分です。

 

日頃から意識して摂取するようにしましょう。

 

仕事で忙しい人や単身で生活していて、

中々自炊ができない人などは

サプリメントで補いましょうね。