1480cebfa9427a3d47bee1f75ff1c564 e1527395738154 - 妊娠時期別!妊婦さん向けお勧め運動まとめ!

この記事は約 3 分で読めます。

 
妊婦さんは激しい運動を行うと

流産の危険性が高まるので、

極力避けた方が良いと言われています。

 

しかし、

運動を何も行わないと

それはそれで身体がなまってしまい、

出産時に必要な最低限の体力まで

失ってしまう恐れがあります。

 

そこで今回は妊婦さんにお勧めの運動を

妊娠時期別で紹介したいと思います!

スポンサーリンク


妊娠時期とは?

妊婦さんと言っても妊娠時期によって

初期(~15週まで)

中期(16-27週)

後期(28週~)

と分かれています。

それぞれの時期によって

ふさわしい運動と

そうではない運動があるので

しっかりと把握しておく事が必要となります。

妊娠初期の妊婦さんにお勧め運動!

b23f84234e4575c90875738231fb9274 300x199 - 妊娠時期別!妊婦さん向けお勧め運動まとめ!

妊娠初期は1番流産の危険性が高く

「妊娠9~12週」は

特に気を付けなければならない時期

だと言われています。

 

その為妊婦さんの中には

「妊娠初期には全く運動をしない」

という人もいますが、

身体に負担の少ない軽い運動は

取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

妊娠前までアクティブだった人が

妊娠を機に全く運動をしなくなると

ストレスが溜まってしまい、

身体に悪影響を及ぼす事もあります。

 

〈お勧めの運動〉

・軽めのウォーキング

・マタニティヨガ

・マタニティスイミング

マタニティ専門で行うスポーツがあるので

そちらに参加しましょう。

 

周りの参加者も妊婦さんなので、

色々と会話する事でストレス発散にもなります。

〈控えた方が良い運動〉

・サマースポーツ

(サーフィンやスキューバなど)

・ウィンタースポーツ

(スキーやスノーボードなど)

・バレーやバスケットなどの球技

 

自分の身体に物や人が当たる

危険性のある運動は避けた方が良いでしょう。

 

※妊娠初期に運動を行う際は

必ず医師に相談し、許可を得てから行いましょう。

 

自分勝手な判断はお腹の赤ちゃんを

危険にさらしてしまうかもしれない

という事を忘れてはいけません。

スポンサーリンク


妊娠中期の妊婦さんにお勧め運動!

894e54c94e32e813f4cf021d0735922e 300x200 - 妊娠時期別!妊婦さん向けお勧め運動まとめ!

妊娠中期に入るとお腹の大きさ

が目立ってくる人が多くなります。

 

今までの身体とは違い

バランスや重さが変わってくるので

運動する事に後ろ向きになる人もいますが、

実はこの時期は体調も安定してきて

運動には「最適な期間」なのです。

 

〈お勧めの運動〉

・下半身を中心としたストレッチ

・ウォーキング

 

お腹が大きいのにストレッチ?と思いますが、

負担をかけずに股関節や太ももなどを

丁寧にほぐす事は

血の流れを良くして妊婦さん特有の

“貧血やむくみ”を防ぐ効果があります。

 

また、ウォーキングは

初期に引き続き日常的に行う事で

出産時に必要な体力を付けるのに効果的です。

 

〈控えた方が良い運動〉

・縄跳び

・ジョギング

 

身体を揺らす運動は

早産を引き起こす可能性があるので

避けた方が良いでしょう。

 

また、

短時間に集中して激しい運動をしたりするのも

急激に身体に負担がかかるので止めておきましょう。

 

※妊娠中期は一般的に

「そろそろ運動を行いましょう」

と勧められる時期でもあります。

 

しかし、妊婦さんの中には

運動をしてはいけない人もいます。

・貧血を持っている

・妊娠中毒症にかかっている

・診察で前置胎盤と言われた

 

このような人には運動は

勧めないようにしてください。

 

体力よりもまずお腹の赤ちゃんの命が優先です。
 

また、

普段は元気に運動をしている人でも

日によって体調はまちまちです。

 

少しでも体調に変化を感じた時は

すぐに運動は中止して安静にしていましょう。

妊娠後期の妊婦さんにお勧め運動!

16d604ed3e64dbb41e07b742c7368e44 300x200 - 妊娠時期別!妊婦さん向けお勧め運動まとめ!

妊娠後期、特に臨月での運動には

子宮口を開け出産を近づける役割があります。

 

予定日が近くなっていても

子宮口の開きが悪い人は積極的に運動を行い、

出産がスムーズに進むようにしましょう。

 

〈お勧めの運動〉

・段差を使っての昇降運動

・スクワット

・ウォーキング

・安産体操

 

お腹が大きくて外に出るのが

億劫な人は室内で出来る運動を取り入れましょう。

 

妊娠後期になると赤ちゃんは

お腹の下の方に降りてきています。

 

少しの運動でお腹が張ったり

痛みが出たりする事がありますが、

そんな時は時間を空けたりして調節しましょう。

 

運動がてら外出する場合は、

いざという時すぐに連絡ができるように

携帯電話や身分証となる

母子手帳や保険証などを持って出ましょう。

 

〈控えた方が良い運動〉

・自転車に乗る

・身体をひねる運動

(ゴルフやテニスなど)

 

お腹が大きくなると

乗り物に乗る事自体が危険です。

 

自転車で「ちょっと近くまで…」と思っても、

店頭の危険性があるで止めておきましょう。

 

また、軽く一振りと

ゴルフのスイングやテニスの素振りも

お腹には大きな負担となりますので止めてください。

 

※妊娠後期はいつ赤ちゃんが

産まれてもおかしく無い時期に入ります。

 

出産前でも体調がよく無理をしない運動ならば

取り入れても大丈夫です。

 

妊婦さんにお勧めの運動は

どれも無理の無い適度な運動を心がけてください。

 

やっても良い事、悪い事が

自分で判断できなければ、

迷わずかかりつけの医師に相談すれば

必ず返答が得られます。

 

適度な運動を取り入れつつ

楽しいマタニティライフを過ごしてくださいね。