1 - 20代「白血病」の生存率は?(種類別まとめ)

この記事は約 2 分で読めます。

 
「白血病」と言えば死の危険性のある、

大変な病気として知っている方が多いです。
 

現在では医学が進歩していて

完治することも可能ですが、

「白血病」の種類によっては

数ヶ月以内で亡くなってしまう

場合もあります。
 

重い病気は30代以降、40代になってから

リスクが高まるものだと思っていませんか。
 

実は「白血病」に年齢は関係なく、

最も多いのが

「20代の発症者」

と言われています。
 

ここではそんな「白血病」の

「20代の方の生存率」

について紹介していきます。

スポンサーリンク


「白血病」ってどんな病気?

care connection device 1282308 300x200 - 20代「白血病」の生存率は?(種類別まとめ)
 
「白血病」は肺がんや胃がんなどと同じで、

実はがんの仲間です。
 

具体的には、骨髄で

  • 白血球
  • 赤血球
  • 血小板

などの

血液細胞が作られる際に、

「細胞ががんになる」ため

「血液のがん」

に該当します。
 

  • 血液細胞ががんになる
  • 骨髄でがんが増える
  • 健康な血液細胞が減る
  • 免疫力が低下
  • 病気になりやすくなる

 
このような流れで「白血病」は

どんどん悪化していきます。
 

スポンサーリンク


「白血病」の症状とは?

705c3c2424c42d2a97a034cfb3f462ff 200x300 - 20代「白血病」の生存率は?(種類別まとめ)
 
「白血病」には

  • 急性
  • 慢性
  • 骨髄性
  • リンパ性

などの種類があり、

種類ごとで症状が異なります。
 

急性骨髄性白血病:症状

  • 倦怠感
  • 発熱
  • お腹の張り
  • 倦怠感
  • 歯茎の出血

 

急性リンパ性白血病:症状

  • 風邪っぽい症状
  • 出血
  • 鼻血・歯茎の出血・あざ

 

慢性骨髄性白血病:症状

  • お腹の張り
  • 倦怠感
  • 体重減少

 

慢性リンパ性白血病:症状

  • リンパの腫れ
  • 倦怠感
  • 発汗
  • 微熱
  • 食欲低下
  • 体重減少

 
ただ、「白血病」の初期症状は

比較的軽く、風邪と区別が付かない

場合も多いものです。
 
急性白血病は発見が遅れると、

敗血症や肺炎などの合併症の

危険性もあって大変です。
 

だからと言って慢性白血病も

早めに治療を受けないと、

急性白血病になって症状が

悪化する危険性があります。
 

できることなら風邪っぽい症状でも、

念のため医者にかかっておくことを

お勧めします。
 

「白血病」の20代の生存率は?

gahag 0046685838 1 300x200 - 20代「白血病」の生存率は?(種類別まとめ)
 
「白血病」の生存率は小児の方が

大人よりも生存率が高い

と言われています。
 

ただ、小児でも20代の大人でも

生存率には「白血病」の種類が

大きく関係しています。
 

◇「白血病」の生存率一覧

  • 「白血病」全体の生存率:50~60%
  • 小児白血病:80%前後
  • 急性骨髄性白血病:70%前後
  • (5年生存率が20~30%)

  • 急性リンパ性白血病:75%前後
  • (5年生存率が25~40%)

  • 慢性骨髄性白血病:薬のみで10年生存率が80%超え
  • 慢性リンパ性白血病
  • 5年生存率が70%前後、10年生存率が25%前後

  • 慢性白血病から急性白血病に転化した場合
  • 10%以下

 

また、生存率には症状の度合いも

大きく関係しており、

もっとも軽いステージIで

5年生存率が75%前後、

もっとも重度のステージIVで

5年生存率が10%以下

となります。
 

症状がステージⅢ以上まで進むと、

生存率は3年以下が平均となっています。